スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡県保管熊本地震支援物資緊急輸送+第1回阿蘇中岳噴火被災地火山灰除去+第4回台風16号被災地鹿児島垂水市災害ボランティア派遣 活動報告

災害ボランティア
11 /17 2016
災害が起こると、被災地や行政機関に緊急支援物資が届けられ、それが被災された方の生活全般を助ける役目を果たします。しかしこの緊急支援物資もまかり間違えると、大変な負担を強いる結果を招きます。これを「第二の災害」と呼ぶ事があります。
しかし、この大量の物資を送った人たち、管理する自治体にはなんの責任もありません。1人の「善意」を数千人、数万人単位で集約すれば、山のような物資になるのは自明の理で、これはどこの被災地、行政機関でも起こる事です。この状況を次の災害、次の災害と具体的な解決策をはからず先延ばしにする事が問題で、これは国民的課題として、大いに議論をすべきと思います。今回は、阿蘇と垂水への物資の移動(Move)でしたが、大小を問わず、NPOは行政より身軽なところが強みです。どのような物資が何処に、どれだけいるのか。細やかな情報の収集と発信が比較的可能ですので、協働して事にあたったり、機動力を活かした集積と分配、または横展開による物資の再移動、再分配等考えれば色々アイデアが出てきます。今回、日本九援隊が第一号の団体になりましたが、他の団体の受付もしています。今回の活動が、緊急支援物資の受払に一石を投じれば、Movement(世の中の流れ)が変わってくるやもしれません

201611172201243dc.jpg

10月16日の読売新聞に掲載されました。

20161117220059e70.jpg
直方総合庁舎の一室。すべて2Lのミネラルウォーターの段ボールで埋め尽くされていました。

20161117220217f2b.jpg
品物別に分けていますが、人一人通るのがやっとという場所もあり、「第2の災害」の云われる理由がわかります。
トイレットペーパーが結構残っていました。段ボール一箱分といっても結構重いです。

20161117220031f52.jpg
今回、福岡県に寄せられた支援物資を直方総合庁舎で4トントラックと2トントラックに積み込む作業に、何と17人もの災害ボランティアの皆さんが集結してくれました!それでも夜7時に開始して、積み込みを完了したのが夜9時と、6トンの物資を庁舎から運び出し、 トラックに積むことの大変さを思い知り、こんなにも多くの仲間たちが集まってくれていなかったらどうなっていたかとゾッとして、日本九援隊には本当に素晴らしい方々が集まってくれているなと涙目になりました!
201611172200071ba.jpg
呆然となるくらいの量ですが、手際よく運び出しました。
2016111721595249c.jpg
カートで運び出して、天狗取りでトラックへ、その繰り返しでみんなヘトヘトになりました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

NPO法人日本九援隊

はじめまして!
NPO法人 日本九援隊は災害ボランティアとして被災地の支援、復興を目的とした団体です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。